スペシャルインタビュー

<第一弾>では多彩な読書遍歴を披露してくれた岡部さん。
<第二弾>では、読書の楽しみ方や、
人生の節目で読書に支えられた思い出を語っていただきました!

本屋ではまず
書店員さんのおすすめのコーナーに

書店にはよく行かれますか?

よく行きます。書店員さんのおすすめのコーナーにまず行くことが多いですね。やっぱり間違いないじゃないですか。伊坂幸太郎さんや東野圭吾さんの本を手に取ったのもおすすめのコーナーで、実際に読んでみたらやっぱり面白いし。
それに、本屋さんでは同じジャンルの本が近くに置いてあったりしますよね。たとえば『レヴォリューションNO.3』みたいな青春小説をもっと読みたいと思ったら、その棚の近くに『青春デンデケデケデケ』の文庫本が置いてあったり、好きなジャンルを深掘りできる気がします。

人に勧められた本も読むタイプですか?

自分では手に取らないような本も、好き嫌いせずに読んでみて、気に入ったらそこから掘っていくことが多いかもしれません。
小学校の頃も、仲の良かった友だちがすごく本が好きな子で、その子に勧められて読むこともありましたね。『指輪物語』もその子が読んでいたので読み始めて、映画『ロード・オブ・ザ・リング』も一緒に観に行きました。

友だちと同じ本を読んで話をするのは楽しいですよね。

そうですね! マンガだけじゃなくて本でも楽しかったな。『ハリー・ポッター』の寮に入るならどこだとか、みんなで話した記憶がありますね。先に読んだ子がネタバレしそうになるのを「待って待って、今読んでるから!」と必死で止めたり(笑)。
あと周りに読書芸人みたいな本好きな方も多いので。(ハナコの)秋山もそうですし、ゾフィーの上田(航平)さんとか、Aマッソの加納(愛子)さんとか、ララランドのニシダとかに聞きながら。

芸人仲間にも本好きが多いのですね。岡部さんは芸人としてだけなく俳優としても幅広く活躍されています。秋田県で過ごした子供時代に、今のような人生を想像されましたか?

全然、想像していませんでした。部活なら部活、受験勉強なら受験勉強と、その時、その時で目の前にあることを頑張るタイプなので。コントばかりやっていたのに、まさか大河ドラマまでやらせていただけるとは思っていませんでしたね。ただ、何かの役を演じるという意味では大きな変化はなく、コントの延長のような気はしています。

違う世界に行けたり、
没頭できたりするのが、読書の楽しさ

読書の楽しみはどこにあると思いますか?

違う世界に行けたり、その世界に没頭できたりするのが楽しいですね。映画のような視覚を楽しむものと違って、本は自分の想像がどんどん広がっていく感じが楽しいです。

本は新しい世界を知るきっかけにもなると思いますか?

それはむちゃくちゃあると思いますね。たとえば小説の主人公の気持ちに寄り添っているうちに、「そういうことを、そういう風に考えるんだ」って、いろんな人の考え方に触れられるし、いろんな視点で物事を見る機会にもなります。
ふだんの生活では、自分以外の人とはそこまで触れることはないと思いますし、凝り固まらないでいられるというか、視野が広がる気がしますね。

読書が役に立ったことはありますか?

万城目先生の『鴨川ホルモー』とかを読んでいたから、大学生活でいろんなことをサボれたかもしれないです(笑)。高校までバスケばかりだったのを大学1年で思い切ってやめて、東京の大学生活を謳歌してみたら、「自由で何でもできるな」と思えて。
結局、2回留年しちゃったんですけど、お笑いを始めたのもあの時期に相方と再会したからですし、『鴨川ホルモー』に背中を押されて挑戦したから、新しい世界が広がったのかもしれないですね。

青春小説を読んでいたからこそ、
斜に構えずに楽しめた

若い方におすすめしたい本やジャンルはありますか?

やっぱり高校生の時に読んだ『色即ぜねれいしょん』とか『青春デンデケデケデケ』とか、青春小説はオススメしたいですね。読んでいたからこそ、斜に構えずに合唱コンクールで大声で歌えたり、いろんな行事を楽しめたので。
「一生懸命やるのもなんだか・・・」ってなりがちな時期でしたけど、青春小説に触発されて全力で体験してみると「楽しいことはいっぱいあるな」って思えました。みなさんにもぜひ読んでみてほしいですね。
あと、本屋さんに行くと、子どもの頃に読んでいた名作の絵本がまだ売っているんですよね。お子さんがいる方なら、昔好きだった本を読んであげるのもアリだと思います。きっと感動しちゃうと思いますよ!

秋田県の読者のみなさんにメッセージをお願いします。

僕は秋田にいる学生時代がいちばん本を読んでいた気がしますね。その頃に読んだ本で自分の視野が広がったなと思うし、読んでおいてよかったなとすごく思います。
学生時代がいちばん時間を気にせず読めると思うんです。でっかい図書館もあるし、読書タイムもある。そんな時間を思いっきり活用して、本との出会いをぜひ楽しんでほしいです。
大人になるといろんな締切に追われて、あまり本を読む時間がなくなりますよね。僕自身も最近、本当に本が読めてないなと改めて思っています。でも本のお話をすると「あの本好きだったな」「楽しかったな」と思い出して、また読みたいなとすごく感じました。僕も読むので、みなさんもぜひ!
それに「読書を10分するだけで、ストレスが大幅に軽減される」みたいな記事を読んで、そういえば受験勉強をしながらも気分転換で読んでいたなって。10分携帯をイジる時間を本を読む時間に変えてみようかなって思ったりしています。
空き時間にぱっと本を開くような素敵な大人になりたいですね(笑)。

キャンペーンに参加する

スペシャルインタビューを読んだら
キャンペーン申込ページで必要事項・アンケートに回答しよう!

申し込みの受付は終了しました